プレママ

はじめてママの基礎知識

Item Guide

ベビー用品は、種類も用途もさまざま。「何を選んでいいのかわからない…」という方も多いのでは。そんなプレママさんのために、詳しく解説!アイテム選びの参考にしてください☆

搾乳器

ますます便利に、快適に進化中!

手軽で便利な紙おむつは、もはや子育てになくてはならない存在。
日本のメーカーの紙おむつは特に品質に優れており、海外でも人気です。とは言え、布おむつに比べて
おむつ外れが遅い…などの声も。紙おむつと布おむつ、その違いを知って、上手に活用していきましょう。

紙おむつと布おむつ、どう違うの?

紙おむつ

紙おむつの利点といえば、やはり手間がかからないこと。捨てるだけなので洗う必要がなく、後始末も簡単です。吸水性に優れているので、布おむつに比べて交換の回数が少なくなります。外出先でのおむつ替えも手軽にでき、荷物がかさばらないのもメリットのひとつ。また最近の紙おむつは肌ざわりや通気性の良さを追求しているものも多く、赤ちゃんへの快適さも考慮されています。ゴミが増える、コストがかかる、買い置きが必要などの点が、紙おむつのデメリットと言えるでしょう。

布おむつ

洗って繰り返し使うことができるので、経済的でゴミが出ません。個人差はありますが、肌へのやさしさ、
かぶれにくさなどもメリットのひとつ。おむつ交換の回数が多いことでスキンシップの回数が増え、うんちや
おしっこの状態もこまめにチェックできます。また濡れた感じがすぐにわかるので、おむつ外れが早いとも
いわれます。デメリットは、洗濯や後始末の手間がかかること。他には漏れやすい、外出時の荷物が増えるなども挙げられます。

紙おむつの選び方

メーカーによって異なりますが、新生児〜Bigというように、体重別にサイズ展開があります。
サイズが大きいほど、吸水能力も高くなっています。肌ざわりや通気性、ギャザーの形状など
さまざまな違いがあるので、赤ちゃんにいちばん合うものを選んであげましょう。

  • テープタイプ
  • パンツタイプ

布おむつの使い方

布おむつは、おむつカバーとセットで使います。おむつは、輪型になった薄手の布を折りたたんで使う「輪おむつ」が一般的。さらしを買って、輪型に縫って作ることもできます。折り畳まずにそのまま使える「成形おむつ」も便利です。
素材は通気性がよく乾きやすい「さらし」、さらしより厚手で吸水力のよいドビー織、厚手で吸水力に優れた
キルティングなどがあります。
おむつカバーは、赤ちゃんの成長に合わせて、体に合わせたぴったりのサイズを選びましょう。
かわいいデザインを選べば、おしゃれも楽しめます。

  • STEP1 輪おむつを広げ、幅が半分になるように折ります。
  • STEP2 さらに、長さが半分になるように折ります。
  • STEP3 おむつカバーの上に折った輪おむつを乗せ、赤ちゃんに当てます。うんちやおしっこの量が増えてきたら、おむつを2枚に重ねることもできます。

準備する枚数の目安は?

月齢にもよりますが、20〜30枚が目安。乾きにくい梅雨や冬期は、さらに10枚ほど準備しておきましょう。
おむつカバーの枚数は4〜5枚が目安です。

布おむつの洗濯方法

  • STEP1 下洗い
  • STEP2 つけ置き
  • STEP3 洗濯
  • STEP4 乾燥

Q&A

おむつライナーとおむつネットは、
どのように使うの?
Answer

どちらも布おむつとおしりの間に敷いて使います。
紙おむつには必要ありません。

プレママTOPへ